子授・安産・子守・各種祈祷 青海神社 公式WEBサイト
updated 2017-09-25

名称未設定-4.png

kosazuke祈願バナー2-01.png雪椿絵馬バナー-01.png雪椿絵馬バナー-01.png

HOME > 雪椿の絵馬

雪椿絵馬プロモーション2-01.png












新潟県の中心に位置する加茂市は、
3方を丘陵に囲まれ中心を加茂川が流れており、
地形が京都に似ていることから「北越の小京都」と
呼ばれております。




さらに京都とは昔から縁が深く、
加茂山公園にある青海神社は、
西暦794年に京都 賀茂神社から御分霊を併せまつり、
地名「加茂」もこの賀茂神社に由来しております。













雪椿絵馬プロモーション3-03.png




雪椿絵馬プロモーション3(HP用小物)-01.png
























加茂山の中腹に鎮座する青海神社、
加茂山公園一帯は雪椿の山として知られ、
野生種のほかに、
1000種以上あるという園芸品種のうち
約100種、1300本のユキツバキを見ることのできる
雪椿園があります。



雪椿は3月後半から花を咲かせ、
4月中旬桜と同時に満開になり、
たくさんの人が訪れ、
雪椿まつりも開催されます。

写真提供:㈲タカハシ のこし屋たかはし様














-加茂の伝統工芸 桐箪笥-

加茂市は、全国の7割を占める‘桐箪笥’の産地で、
伝統工芸士をはじめとする数多くの職人がおります。
桐は調湿機能に優れ、熱伝導性が低いため
火事、水害、湿気から衣類を守ります。
また、触った木のぬくもりは大変温かく、
絹にたとえられる白い艶や柾目の色合いは
最高級品の名にふさわしいものです。
そして、桐は切り出したあと3年間の渋抜き
と呼ばれる天然乾燥を行います。
この長い工程が極上の精度を保つのです。

写真提供:株式会社 イシモク様








雪椿絵馬プロモーション2-06.png


加茂だからこそできるカタチ



雪椿絵馬プロモーション3-07.png



-新しい絵馬のかたちを求めて-

青海神社が1300年という歴史を数えられたこと、
それは加茂の皆さんのお力があったからである
と考えます。
そんな地域の皆さんにこれからも受け入れてもらえること、
加茂でしかできないものであること。

そんな気持ちを込め
新しく絵馬を作成しました。



雪椿絵馬プロモーション3-08.png








-加茂市の花である雪椿のデザインを採用-

加茂市の花、雪椿でいっぱいの加茂山公園に鎮座する青海神社、
春をつげる雪椿が一年中咲き誇りますように
皆さんの絵馬に書かれた願事が春をむかえられますように
雪椿のデザインを絵馬に施しました。






雪椿絵馬プロモーション3-09.png







-無垢の桐を使用-

1976年(昭和51年)に
当時の通商産業省(現・経済産業省)大臣より、
“加茂桐箪笥”が“伝統的工芸品”
に指定さました。
絵馬には、桐箪笥の材料である
天然乾燥をした無垢の桐を使用しました。
温かい木のぬくもりを
手に取って感じてみてください。






雪椿絵馬プロモーション3-10.png





-咲かせたいのは人の想い-

雪の中で自らの枝を雪にゆだねて
蕾のまま越冬し、
春にきれいな花を咲かせる
雪椿
大きく花開くことを信じて、
冬にしっかり努力をする
雪椿

皆さんの願い事も努力が実り、
春が迎えられますように、、、





雪椿の絵馬 初穂料500円